腰の痛みはしっかり治そう

筋肉痛の様な腰の痛みについて

ただの筋肉痛だと思ったら違った!

腰痛には色々な種類があります。その腰の痛みの感じ方によっても、症状や原因が異なってきます。 例えば、筋肉痛に似た腰痛もあります。

筋肉痛は、あまり普段運動をしない人が走ったら、翌日に腰あたりに筋肉痛を感じるなどのケースが多いです。3日後には消えてしまう事がありますが、3日たっても消えない場合...それは筋肉痛ではなく、腰痛による痛みなのかもしれません!

日常生活の中でも、腰に負担をかけるような姿勢が続いたり、作業していたりすると、それを改善しない限りその痛みは改善できません。

長い期間、筋肉痛のような痛みを腰に感じたら、整形外科に行って診察を受けるのが一般的ですが、整形外科で撮影するレントゲンやMRIの写真からだけでは、その痛みの原因は写し出されないので、お医者さんも湿布や鎮痛剤を処方するだけになってしまいます。

せっかくなら根本的な原因が知りたいですよね。そうでなければ、また同じ痛みに悩まされてしまうかもしれません。

その姿勢が腰痛の原因?

腰が痛くなるくらい、自分は普段何をしているのだろうか?という事を突き止めなければ、深刻な痛みにつながってしまう場合もあります。人によったら、仕事上重い荷物ばかり持つ事が多いのかもしれません。腰は姿勢が悪いだけでも痛みがひどくなうる事もあります。

姿勢くらいで腰痛になるの?と不思議に思う人もいるかもしれませんが、たかが姿勢でも、これが腰痛を引き起こす最初の原因でもあるのです。上半身の重さを腰に集中させてしまう姿勢を取らないようにしなければなりません。

意識して姿勢を正す

睡眠時間以外の時間は、立っている時や座っている時の姿勢が悪いと、どれだけ腰に負担がかかっているのか考えてみましょう。

姿勢が悪いと、上半身の重さを分散する事ができず、腰の筋肉が重さに何とか耐えようとして力が入り、筋肉が固まって血行不良になります。この状態が続くと、筋肉はさらに収縮性を失ってしまい、骨盤を歪ませてしまう原因になります。

一度骨盤を歪ませてしまうと、重力がどんどん加わっていまい、歪んでいってしまいます。そして痛みが悪化してきてしまうのです。骨盤がたった5度傾いてしまっただけでも、全身に影響を与えてしまいます。

一時的な傾きであれば問題ありませんが、長時間だと問題になってきます。背骨が自然と重力に対応していくので、背骨のゆがみ原因になってしまうのです。日頃から意識して姿勢を改善するようにしましょう。